障害年金とは

障害年金とは

障害年金は、病気やけがで日常生活や労働が制限されるようになった場合に、老齢年金の支給開始年齢(65歳)を待たずに受け取ることができる年金です。

障害年金には、「障害基礎年金」と「障害厚生年金」があり、初診日に国民年金に加入していた場合又は初診日が20歳前の場合は、「障害基礎年金」、初診日に厚生年金に加入していた場合は、「障害厚生年金」を請求することができます。

障害基礎年金は、障害等級が1級と2級のみですが、障害厚生年金には3級と一時金である障害手当金があります。
また、障害厚生年金の1級と2級に該当する場合は、障害基礎年金の1級と2級も併せて支給されます。
ページの先頭に戻る