料金

各業務の料金

当事務所への委託費用は、報酬、文書費、交通費から構成されています。
委託費用を詳しくお知りになりたい方はメール、電話でお問合せ下さい。

1.報酬

お問合せ
無料
お問い合わせの内容は、業務内容、面談日の打合せ、年金支給の可能性及び報酬の説明です。
申請書作成に係る助言・指導は含みません。

面談 無料
面談の内容は、障害年金の説明、発病からの経緯を聴き取り、年金支給の可能性及び報酬の説明です。申請書作成に係る助言・指導は含みません。

障害年金の申請
決定された年金額の1.5月分、又は、初回入金額の7%のどちらか高い方の金額。ただし、上限額は36万円とします。上限額が決まっているので障害厚生年金が対象の方は特に有利です。
また、最低額及び障害手当金は95,000円です。
不支給のときは報酬の支払いが免除されます。
具体的な金額の計算例が、”よくある質問”のページにありますのでご覧ください。

支給停止事由消滅届
決定された年金額の1.2月分
不支給のときは報酬の支払いが免除されます。

額改定届
決定された年金額の1.2月分
不支給のときは報酬の支払いが免除されます。

現況届
30,000円又は増額された年金額の1.2月分のどちらか高い方の金額 
不支給のときは報酬の支払いが免除されます。

申請書類作成の相談

3,000円/30分

申請書類作成の助言・指導
30,000円

審査請求
請求額の20%(着手金30,000円を含む)

再審査請求
請求額の25%(着手金30,000円を含む)

※ ”審査請求”、”再審査請求”は、棄却の場合は着手金を除いて報酬が免除されます。

2.文書費

障害年金の申請等に必要な医療機関発行文書及び地方自治体発行文書は実費精算となります。
医療機関発行文書例:受診状況等証明書、診断書、医師による意見書、レントゲン写真、心電図 など
地方自治体発行文書例:住民票、戸籍謄本、(非)課税証明書 など

3.交通費

当事務所から目的地まで公共交通機関(電車、バス等)を利用した場合の運賃の実費。

ページの先頭に戻る