よくある質問

Q1.うつ病でも障害年金を申請できますか?

A1. 申請できます。

障害年金は、身体障害だけでなく精神障害も対象としています。うつ病でも支給要件を満たせば年金を受給することができます。当事務所では、面談によりその可能性の有無について説明させて戴いています。

Q2.自分の病気(ケガ)が障害年金の対象であるか分かりません?

A2. 当事務所でお教えします。

障害年金の申請に用いる診断書は、目、聴覚、鼻腔機能、平衡機能、そしゃく・嚥下機能・言語機能、肢体、精神、呼吸器、循環器、腎疾患、肝疾患、糖尿病、血液、造血器、その他(がん等)を様々な傷病を対象にしています。
御自身の病気やケガが障害年金の対象であるか、また、受給の可能性の有無について面談によりご説明させて戴いています。 

Q3.受診した病院が廃業し受診状況等証明書が入手できません?

A3. 他の方法で初診日を証明する必要があります。

受診状況等証明書は初診日を証明するために必要な書類です。医療機関が廃院したり、カルテの保存期間(5年間)を過ぎて破棄されたため初診日が証明できない場合は、受診状況等証明書が添付できない申立書に当時の診察券などの資料を添付して、次に受診した医療機関から受診状況等証明書を入手する必要があります。
当事務所では、初診日を証明するためあらゆる努力を惜しみません。初診日が50年以上前でねんきん事務所から申請自体無理だといわれた方が相談に来られ、遡及して認められた事例があります。 

Q4.年金が不支給となったときはそれで終わりですか?

A4.不服申立に移行します。

年金が不支給となったときは、申請業務の契約は終了します。しかし、その決定に不服がある場合は、審査請求、再審査請求の契約をすることで不服申立を代理します。依頼人様は希望すれば年金の申請から不服申立まで一連の契約が可能です。

Q5.申請のための費用はどの位ですか?

A5. 当事務所の料金は明確です。

当事務所の料金は、文書費、出張費、報酬から構成されています。
文書費は、受診状況等証明書、診断書の医療機関発行文書費、住民票などの地方自治体発行文書費の実費です
出張費は、目的地までの公共交通機関(電車、バス)の運賃です。
報酬は、次の具体例をご覧ください。

・障害基礎年金2級、認定日請求、単身者
障害年金額=780,100円
報酬額=97,500円
 
・障害厚生年金3級、認定日請求
障害年金額=585,100円(最低保証額)
報酬額=73,100円<最低額=95,000円、より報酬は95,000円

・障害厚生年金2級、認定日請求、単身者、平均標準報酬額160,000円、加入期間300月以下
障害年金額=1,060,100円
報酬額=132,500円

・障害厚生年金2級、3年遡及、単身者、平均標準報酬額160,000円、加入期間300月以下
障害年金額=1,060,100円
年金額の1.5月=132,500円<初回入金額の7%=222,600円より、報酬は222,600円

・障害厚生年金2級、認定日請求、配偶者と子供2人、平均標準報酬額160,000円、加入月数300月以下
障害年金額1,733,600円
報酬額=216,700円

・障害年金2級、3年遡及、配偶者と子供2人、平均標準報酬額160,000円、加入月数300月以下
障害年金額=1,733,600円
年金額の1.5月=216,700円<初回入金額の7%=364,000円より、高い方の金額は364,000円になるが上限値を超えるため報酬は360,000円  

ページの先頭に戻る